よくある質問と利用Q&A

小澤法務事務所

当サイト運営元・小澤事務所の紹介 相談の申込み サービス&料金料金一覧 よくあるQ&A メディア取材・掲載歴 皆様から頂いた温かい声

よくある質問と利用Q&A

当サイトに寄せられた質問

これまで、ウェブサイトに寄せられた質問の中で数が多かったものを掲載致します。


無料相談は行なっていないの?

回答には法的な責任が生じ、頂いた相談内容を基に正確な判断も要求される為、当事務所では相談を無料では行なえません。

どうしても無料相談をご希望の場合は、各人で無料相談が出来る機関や事務所をお探し下さい。


面談相談、電話相談は行なっていないの?

頂いた相談に回答をする際、個々の調査を行ないます。調査にはある程度時間をかけて行う為、回答にある程度余裕を持たせる事が出来るメール/FAX相談以外は行なっておりません。

どうしても電話、面談相談をご希望の場合は、各人でそれらの相談が出来る機関、事務所をお探し下さい。


匿名での相談は行なっていないの?他の事務所ではできるみたいだけど

当事務所は、行政書士法に基づく権限を以って法律専門職として事案の処理に当たっております。

行政書士が相談を受ける際、行政書士法第9条に基づき、相談者の氏名、住所、電話番号をはじめ、どのような内容の相談を幾らの報酬で受けたかといった事柄を記録に残しておかなければいけない法律的な義務が課せられています。

その為、匿名での相談は受付ておりません。又、「他の事務所」が行政書士を含む法律職のものであった場合、いわゆる「もぐり」か違法行為を行なっている可能性があると考えられます。


現在、お金が無く相談料が払えません。後払いでOKですか?

相談受付当初は後払いOKにしておりましたが、相談終了後に当事務所に何の連絡も無くアドレスが変わる、番号が変わる、記載住所が虚偽だった等、連絡が取れなくなる事態が相次ぎ、完全前払い制に移行致しました。

現在は、いかなる事情でも後払いでの相談受付は行なっておりません。


1件の相談メールに複数のサイトURLを記載しても良いの?

記載していただく分には構いませんが、回答はその内いずれか1URLに関してのみとなります。(この場合、回答作成に着手する前にどのURLの調査希望かをお聞き致します)

複数のサイトの調査をご希望の場合は その都度お申込頂くか、「サイト数×規定の相談料金=合計金額」をお振込頂く必要があります。


1件の相談メールにジャンルが違う複数の相談内容を記載しても良いの?

いいえ。1件当たり1内容の相談となります。これは1ヶ月間の相談をお申込頂いた場合も同様です。

当サイト上からの相談は、サイトトラブル、インターネット関連トラブル、敷金トラブル、悪徳商法被害に限定していますが、1件の相談メールでサイトトラブルと敷金トラブルの相談は不可という事です。


土日祝日中の相談はどうなっているの?

土日祝日中のご相談についても、休み明けまでに回答をご希望の場合は相談料の振込票(ATMから出てくるレシートのようなもの)を 17:00までに当事務所までFAXをお願い致します。

その送付を以って当日の確認とさせて頂き、回答業務に着手させて頂きます。

極力、当日17:00までにFAX確認が取れたものについては同日20:00までに回答をお出しする様に務めておりますが、個別に回答をお出ししている関係上、回答の処理状況などによりギリギリの時間帯に頂いたものについては回答が深夜にかかることがありますので、ご相談はお早めにお願い致します。

当事務所FAX番号: 050−3737−7665


回答の時間帯指定はできますか?

回答は順次処理していく為、時間帯指定はできません。処理状況によっては回答が深夜にかかることもあります。

特にFAX相談の場合、回答が深夜の送信ではNGだと言う方はFAX相談の申込はおやめ下さい。


相談の回答作成はスタッフの人がやっているの?

いえ、お送り頂いた相談は全て当事務所代表の小澤行政書士が目を通し、回答を作成しております。


相談の回答が届かないんだけど・・

相談ページにも注意書きがありますが、お送り頂いた相談が当事務所が定める利用規約に違反している場合や既定の相談料金の振込の確認が取れていない場合は回答をお出し致しません。

特に規約違反のメールに関しては破棄処理にしておりますので、以下の点をチェックして頂き、該当するようであれば規約等を再確認の上相談内容をご再送下さい。

又、相談メール、FAXに記載して頂いた振込名義人と実際の振込人名義が異なる場合は、回答がお出しできませんので必ずご連絡をお願い致します。


相談料金を振り込んだのに回答が届かないんだけど・・

相談記載事項として記入して頂いた振込人名義と、実際にお振込頂いた際にご記入された名義人名が違っている可能性があります。

既述の通り、相談メール、FAXに記載して頂いた振込名義人と実際の振込人名義が異なる場合は、こちらでは確認が取れず、回答がお出しできませんので必ずご連絡をお願い致します。


規約違反も無いし、振込も正しく完了したが回答が届かない

銀行の取扱時間は平日の15:00(銀行によっては14:30)までとなっており、それ以降にお振込された場合は、翌日の振込確認後の回答扱いとなります。

その為、取扱時間以降にお振込頂いた場合や土日祝日をまたいだ時で当日中の回答が欲しい場合は、17:00までに振込表(ATMから発行されるレシートのような紙)を当事務所までFAXをお願い致します。

それを以って当日中に確認が取れたものとさせて頂き、原則として20:00までに回答を出させて頂きます。(ただし、ぎりぎりの時間帯にお送り頂いた場合は相談処理状況により深夜にかかる場合があります)

尚、上記に該当しないにも拘らず、相談メールを送信して3日経過しても回答が届かない場合は、メール・FAXが正しく受信されていない可能性があります。その場合、利用規約にも記載があるとおり、大変お手数ですが、迷子ページに記載されているリストをご覧頂いた上でもう1度ご連絡下さい。

又、携帯電話メールからご相談頂いてこのような状況に至った場合には、以下、「携帯から相談したけど、回答が届かない」をお読み下さい。


携帯から相談したけど、回答が届かない

携帯からのご相談の場合、当事務所からの返信メールが全く受信されないケースがかなり多く報告されています。(特にau、softbankに多いですが、基本的には全キャリアで発生しています)

原因としては、個々の携帯端末のメール受信設定、受信文字数制限による拒否などが挙げられます。 必ず、PCからの受信、文字数制限などを解除した上でご相談下さい。

又、携帯に当事務所からの回答メールが返送されてこない場合でも(何らかの理由で受信拒否された場合でも)PCの場合と違い、当事務所宛にエラーメッセージが送られてくる事が無い場合がかなり多く、当事務所側でメールが届いたか否かを把握する事ができません。

その為、携帯でご相談される場合は必ずPCからのメールが受信できると確認されている方、及び受信に不具合があった場合にご自身で適切に設定を見直せる方のみお願い致します。


法的なトラブルに関する事だったら何でも相談していいの?

いえ、当事務所は行政書士法で定められた権限に基づき、その範囲内で業務を行なっておりますので、すでに訴訟になってしまっている事案や、答弁書など裁判に関する書類作成のご相談、示談交渉等、弁護士しか執り行う事のできない業務の相談はお受けできません。



相談ページへ


copyright© 2003- 行政書士小澤法務事務所 All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピー並びにに転用の一切を禁じます。