不倫や浮気の相談事例

小澤法務事務所

当サイト運営元・小澤事務所の紹介 相談の申込み サービス&料金料金一覧 よくあるQ&A メディア取材・掲載歴 皆様から頂いた温かい声

不倫や浮気の相談事例

自分の浮気が原因で離婚する事になったのですが、財産分与はどうなりますか?

結婚後に築いた「共有財産」であれば分与の対象になります。

財産分与は慰謝料とは違い、離婚の際、どちらにその原因があったかなどは関係なく、共有財産を対象として適正に分与してもらう事ができます。

分与の割合は、その共有財産を形成した貢献度によって変わってきます。

離婚時に、「養育費は請求しない」と言ってしまったのですが・・・。

法的には無効!

養育費請求権は子供のための権利であり、両親のした取決めによって消滅したり、影響を受ける類のものではありません。よって、仮に養育費を請求しないとの取決めがあったとしても、法的な拘束力は発生しないので、適正な額の養育費を請求する事ができます。

相手の浮気で離婚しました。その際、慰謝料は請求しなかったのですが、やはりどうしても許せません。今になっても慰謝料を請求できますか?

時効になっていなければ請求は可能。

離婚による慰謝料請求の場合、離婚成立から3年で時効にかかります。時効期間満了後に相手が時効を援用した場合、法的に請求ができなくなりますので、慰謝料を請求する場合は離婚してから3年以内に手続きをしたいものです。

子供が3人います。離婚の際、3人のうち1人だけ親権をとる事はできますか?

状況により可能ですが・・・。

原則論で言えば、一方の親が子供全員の親権者になります。特に子供が幼い場合はそうなります。親権を分けてとれる場合は、

などに限られると考えておいた方が良いでしょう。子供が両方の親に別々に引き取られ離れて暮らす事は、その子供の養育上・福祉上の観点から、決して好ましい生活環境とは言えないからです。



相談ページへ


copyright© 2003- 行政書士小澤法務事務所 All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピー並びにに転用の一切を禁じます。