慰謝料請求の方法

小澤法務事務所

当サイト運営元・小澤事務所の紹介 相談の申込み サービス&料金料金一覧 よくあるQ&A メディア取材・掲載歴 皆様から頂いた温かい声

慰謝料請求の方法

当サイト被害の相談事例1

夫にどうやら愛人がいるようなんですが、その愛人は夫が私と結婚しているとは知らないようです。でも、浮気している訳だから、その愛人(不倫相手)に慰謝料を請求できますよね?

法律的回答1

愛人に対して慰謝料を請求するのは難しいと思います。なぜなら、法律的に「不倫・浮気」の責任を問う為にはは、その愛人が、「浮気・不倫をしている」という認識が必要なのです。

この場合、仮に夫が「自分は結婚している」という事実を隠して愛人と関係を続けていたのならば、あなたは夫に対してのみ慰謝料を請求できますが、愛人もまた夫に対して慰謝料を請求できるのです。(ただ、例外的に、愛人が少し気をつけていればあなたと夫が結婚していると分かったような場合は、愛人に対しても慰謝料を請求できます。)

当サイト相談事例2

5年間一緒に暮らした男性から別れを切り出されました。婚姻届けを出していないから、夫婦ではないけど・・。悔しいので慰謝料を請求したいんですが、やっぱり、慰謝料請求は無理ですか?

法律的回答2.

5年間暮らした事によって「内縁関係」にあったのなら慰謝料請求は可能です。ただし、同棲程度では慰謝料請求は難しいでしょう。同棲でも、客観的に見て、婚姻届を出した夫婦と同等の生活を営んでいる必要があります。(法律的に準婚と言います。)

仮に、内縁関係にあったとして、相手からの別れ話に正当な理由が無い場合は、慰謝料請求や財産分与を請求することができます。

当サイト相談事例3.

先日、自分の浮気が原因で離婚する事になりました。慰謝料を払わなければいけないのは分かるんですが、財産分与に関しても諦めなければいけませんか?

法律的回答3.

財産分与に関しては、きちっともらえます。

財産分与は、夫婦が婚姻生活中に築いた共有財産について認められるもので、その財産形成につき、寄与した分だけもらう権利があるのです。離婚の原因がどちらにあるか・その原因は何か、は関係ありません。



相談ページへ


copyright© 2003- 行政書士小澤法務事務所 All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピー並びにに転用の一切を禁じます。