不倫や浮気による慰謝料請求

小澤法務事務所

当サイト運営元・小澤事務所の紹介 相談の申込み サービス&料金料金一覧 よくあるQ&A メディア取材・掲載歴 皆様から頂いた温かい声

不倫や浮気による慰謝料請求

「浮気」をされたら常に賠償請求が可能か?

残念ながら、全ての場合において損害賠償(慰謝料)請求が可能というわけではありません。貞操義務・貞操権を有している夫婦・婚約者間には肉体関係を伴う浮気をされた場合に貞操権の侵害(又は貞操義務違反)として相手方及び浮気相手に賠償請求することは可能ですが、法律的な身分関係に無い「ただの恋人同士」では貞操義務・貞操権を有していない為、浮気をされてもそれによって賠償請求をする事はできないのです。

慰謝料が請求できる場合はどんな時?

・肉体関係を伴う浮気・不倫がある事
肉体関係が無い場合は、慰謝料請求は難しいと考えられます。その場合は内容証明を使って、相手方に警告する方法が現実的ですね。勿論、その文面によっては逆に相手方から訴えられてしまう可能性も充分にありますので、警告の際は細心の注意をして、併せて、法的な検討も十分にしておく必要はあります。

・相手が、「不倫をしている」との認識がある事
結婚している事を隠していた事等により、相手方に不倫をしている認識が無い場合、相手方に慰謝料請求をする事はできません。

・慰謝料請求権が時効になっていない事
後述しますが、慰謝料を請求する権利も時効により消滅します。その前に請求しなければいけませんよ!

・夫婦関係が破綻していない事
夫婦関係が実質的に破綻している状態で行われた浮気の場合、慰謝料請求が認められにくいのです。。

きちんと結婚していないと慰謝料は請求できないの?

婚姻届を出していなくても、実質的・客観的に見て夫婦とみなされる程度の生活を営んでいた場合は「内縁関係・準婚関係」として、慰謝料や財産分与を請求することができます。慰謝料の額についても差はありませんよ。

精神的な苦痛〜損害賠償・慰謝料の相場

結論から言えば、ケースバイケースという事になります。過去の似たような事例の裁判例を見つけてきて同じような額を請求するというやり方も多数を占めますが、必ずそうしなければいけない訳ではありません。ちなみに言えば判例上の平均は50万〜350万円程度でしょうか。(勿論、結婚期間や離婚原因により大幅に異なってきます)

個別に話を聞いて、どのような被害があったのか、どうしたいのかをしっかりと確認し、相談者が納得する・方法・額で解決していくのが一番の方法なんですね。。

損害賠償や慰謝料請求に時効ってあるの?

損害賠償の場合も、請求することができるという「権利」ですから、やはり時効があります。例えば、夫婦間の浮気に代表される、不法行為による損害賠償請求の場合、

で、時効により消滅してしまいます。。ですから、例えば、「8年前の夫の浮気を1年前に知った」という場合は、あと2年で慰謝料請求権が時効により消滅してしまうんです。案外、時間が経つのは早いんですよね・・。

慰謝料を具体的にどうやって、誰に請求するか

まずは内容証明で相手方に不倫をやめる旨と、それと併せて、その事案に合わせて算定した慰謝料を支払う旨を記載し、送付します。内容証明のやり取りで相手方と交渉し、慰謝料を支払わせます。

その為には、できる限りの証拠が欲しいですね。。(もちろん、証拠が無くても大丈夫な場合も多いですが)要はこちらに有利な方向に交渉が進めば良いわけですから。

慰謝料を請求する相手としては、不倫の相手はもちろん、自分の配偶者もその対象になります。どちらかでも構いませんし、両方に請求しても法律的には問題ありませんよ。ただし、慰謝料の2重取りはできません。気をつけて下さい。



相談ページへ


copyright© 2003- 行政書士小澤法務事務所 All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピー並びにに転用の一切を禁じます。